top of page

【教え子と再会】精度の高いセルフ診断はつくれるの??

こんにちは🌼

Noah Style TOKYOの青田です✨


今日は、嬉しい出来事が❤︎❤︎


教え子が、学校の授業で行っている研究のため、私に話を聞きにきてくれました😊 



  


【精度の高いセルフパーソナルカラー診断】

の作成を目標に研究をしている子たちでした!



今人気のセルフ診断

皆様はやったことはありますか?


ネットのサイトで自己診断をして、

その結果を元にショップ店員さんが自分に会 合う洋服を選んでくれる

このようなサービスをしているお店もあります👗


生徒たちは、


パーソナルカラー診断はどのようなものなのか

セルフ診断の正確性はどのくらいなのか

どうしたら精度を高められるのか  

などの疑問を持ち、実際に聞きに来てくれました!


正確性の高いセルフパーソナルカラー診断は作ることができるのか?


結論から言えば、、、

難しいです。


現状のセルフ診断も、様々なパーソナルカラー診断士の監修の元に作られています。

具体的な質問や選択肢を元に診断結果を出しているのですが、それでも、サイトによって診断結果はバラバラです。


それはなぜなのか、、


判断をするのが、プロではなく素人だからです。


何を基準にして、

黄色みがあるのか、赤みがあるのかを判断しますか?

人間は誰でも、黄色みや赤さはあります。


診断の要となる色の相対的な基準がないから、

セルフ診断は間違いが非常に多いのです。


また、人間の肌の色は様々です。

セルフ診断はそれらを『補正』することができません。


黄みがなく、赤さや白さが特徴的なブルベース

黄色みがあり健康的な肌のスプリング

黒目が濃く、白目とのコントラストが大きいウィンター


と言われていますが、


肌に黄色みがあってもブルーベースの人

赤みがあるスプリング

目の色素が薄いウィンターもいます。


人の肌の特徴は様々です。

セカンドカラーによっても、肌の見え方は大きく異なります👀


その中で、自己判断で、診断結果を出すことは、非常に難しいことなのです😣


照明や色彩の知識など、他にも理由はいくつかあります。


だから、診断士という職業があるのです👗


パーソナルカラー診断の相場は、

1万5千円〜2万円です。

それほど、診断士の経験と知識には価値があるものなのです。

無料でそれができてしまったら

診断士は必要ないですよねぇ


また、真夏大先生は、高校生たちに熱く

仕事への想いを語ってくれました😌


私たちの仕事は、変化を与えることです。

診断を通して、もっと自分を好きなって、オシャレを楽しんでほしい。


その変化は、人生を変えることだってある。


そんなきっかけをつくることが、

私たちの仕事です。


それを、セルフ診断でつくることができますか?



診断の価値は、パーソナルカラーを知ることではないのです。

自分の肌の特徴や魅力の活かし方を知ること。

あなたの好きな色をもっと楽しむこと。


そのための、

【あなたに似合うメイクやお洋服選びのアドバイス】に価値があるのです。



そんな診断士の想い知ることができて良かった!と生徒たちは、帰っていきました😌



パーソナルカラー診断の魅力は何なのか

なんのために診断士がいるのか


彼女たちの発表で、より多くの人に伝わることを願っています🌟


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【パーソナルカラー診断と骨格診断のその先へ】


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果を知っただけでは変わらない!


大切なのはパーソナルカラー診断や骨格診断の結果をどのように自分に生かしていくか。


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果に依存していない?囚われていない?


ブルベやイエベ、ストレートやウェーブの全てがあなたに当てはまるわけではありません。


町田にあるイメージトータルサロン、Noahの診断はパーソナルカラー診断や骨格診断の結果を基に、診断結果をパーソナライズしていく見た目と印象のプロがいるファッション・イメージトータルサロンです。


東京・町田にあるNoahのサロンで受けるパーソナルカラー・骨格診断は、診断のさらにその先までをフルコンサルティング。


診断結果を知って自己満足で終わらない、迷子にならない、フルサポートを東京・町田のNoahの診断で。


◆Noah公式HP



◆一年間、プロのトータルサポートでファッションの学びと楽しみを



◆診断結果だけじゃない。好きだけど苦手な色・形まで似合わせる診断を



◆ファッションのあれこれ!プロ目線からの日常コラム



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


bottom of page