top of page

【納得!】スーツは相手への敬意

こんにちは🌞

Noah 町田の青田です!


この前ドラマを見ていたのですが、その中で


『スーツを着ることは、

相手を大切にしている証拠』


だと言っていました。


相手のことを考えて、自分の時間を割いて身だしなみを整えることは、相手を大切にしていることになると。


皆様も見ましたか?

ユニコーンに乗って🦄


私は、ずっとそのドラマを見ているわけではなくて、たまたま録画していたのを見ただけですが😅


確かにそうだなぁと思いました。

大切な人に会う時、身だしなみを整えようとしますよね?


人と会った時に、ヨレヨレの服を着ていたり、髪がボサボサだったら、だらしない人という印象を持ちますし、自分と会うことを大切だとは思っていない人と思われてしまいます。


だから、ビジネスマンはスーツを着るのだと納得しました。

スーツは相手への敬意です。



ただ、そもそもスーツって何でしょう?


今日はスーツの歴史をFashion AT Men’sのサイトを参考にまとめます💡


スーツの起源は、16世紀頃の英国である説が有力です。


スーツの原型は、農民が農作業着として着ていたフロックコートに似たつくりの衣服だったと考えられています。この服装は次第に軍人や貴族、航海士などに広まり、動きやすいようにデザインが変わっていきました。



↑フロックコート


19世紀までは、スーツのほとんどは内側にベストを着るスリーピーススタイルが貴族のたしなみとされていました。


20世紀になると、さらに短い丈のものや、肩幅や胸幅の広いものが登場しました。そして、アメリカでビジネスウェアとしての人気が高まると、スーツは世界中に爆発的に普及しました。


日本でスーツが着られるようになったのは、明治維新以降に日本に入ってきた異国文化の一つです。


戦前の日本では、スーツは全てオーダーメイドで、各人の体型に合わせて作られる高級品でした。

戦後、機械が発展し、大量生産が可能になったことから、スーツは一般人にも広がっていきました✨


まだまだスーツの魅力は深そうなので、次のブログもスーツ特集です♪


 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【パーソナルカラー診断と骨格診断のその先へ】


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果を知っただけでは変わらない!


大切なのはパーソナルカラー診断や骨格診断の結果をどのように自分に生かしていくか。


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果に依存していない?囚われていない?


ブルベやイエベ、ストレートやウェーブの全てがあなたに当てはまるわけではありません。


町田にあるイメージトータルサロン、Noahの診断はパーソナルカラー診断や骨格診断の結果を基に、診断結果をパーソナライズしていく見た目と印象のプロがいるファッション・イメージトータルサロンです。


東京・町田にあるNoahのサロンで受けるパーソナルカラー・骨格診断は、診断のさらにその先までをフルコンサルティング。


診断結果を知って自己満足で終わらない、迷子にならない、フルサポートを東京・町田のNoahの診断で。


◆Noah公式HP



◆一年間、プロのトータルサポートでファッションの学びと楽しみを



◆診断結果だけじゃない。好きだけど苦手な色・形まで似合わせる診断を



◆ファッションのあれこれ!プロ目線からの日常コラム



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


bottom of page