top of page

【column】”色”の役割を知ろう! part 2

私たちの普段の生活で、なくてはならないものが【色】です。


前回のコラムでは、社会の中での【色】の役割についてお話しました。

(読んでいない方はこちら


パーソナルカラー診断を受けるお客様の理由は、

『似合う色を知りたいから』という方が多いのではないでしょうか。


ファッションも色とは、切り離せない関係にあります。

本日のブログでは、色とファッションの関係についてお話いたします♪


~ファッションにおける色彩の役割~


ファッションにおける色彩の役割は、大きく

【機能的な役割】と【心理的な役割】に分かれます。


【機能的な役割】とは?

色彩には、『環境から守る役割』があります。


例えば、髪の毛。

黒などの暗い色は、紫外線を吸収するため、身体に直接紫外線が当たることを防ぎます。


また、濃く鮮やかな色によってその人の存在を目立たせることも、機能的な役割の一つです。


例えば、スポーツのユニフォーム。

鮮やかな色が使われるのは、フィールドで目立つための配慮です。

小学生が、目立つ黄色の帽子や黄色のランドセルカバーを使うのも、

存在を目立たせて、ドライバーへアピールし、危険から身を守るという機能的な役割です。




【心理的な役割】とは?

色彩には、心理的な効果もあります。


ファッション業界で重要視されているのが

トレンドカラーです!


人は新しさを好みます。

トレンドカラーを発表することで、新鮮さを感じ購買意欲が高まるとも言われています。


明るいパステルカラーが店頭に並べば、春夏を感じ、落ち着いた色やブラウンカラーが並べば、秋冬を感じます。

色は季節も表すのです!

これが心理的効果の一例です。


また、社会的な表現としても色彩は様々な場面で使用されています。

結婚式の花嫁ドレスは白であったり、

お葬式では黒を身につけるといった慣習です。



あなたは身に着ける色で、何を表現しますか?

日常的に身に着けている色によって、人はイメージがつくられます。

毎日、明るい暖色やビビットカラーを着ている人は元気なイメージがありませんか?


例えば、

”フワちゃん!”


彼女自身のキャラもありますが、知らない人が見ても元気そうだと思うでしょう。


では、こちらの方はいかがでしょう?

元気で明るい!!天真爛漫!!ではないですよね、米津玄師さん。


人の肌もそうです。

明るく健康的な肌が与える印象は、"元気で明るい" です。

青白く血色感のない肌が与える印象は、"クールで落ち着いている"なのです。



つまり、パーソナルカラー診断では、自分の第一印象を知ることもできるのです!


私たちは、知らず知らずのうちに

【色】によって、コントロールされているのです。


ということは、

その色を使いこなすことができれば、

上手に自分の印象をコントロールすることができるというわけです。


なりたい印象になることができるのです!!



自分の印象知りたくない??

Noahのパーソナルカラーはこちらから🌈





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【パーソナルカラー診断と骨格診断のその先へ】


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果を知っただけでは変わらない!


大切なのはパーソナルカラー診断や骨格診断の結果をどのように自分に生かしていくか。


パーソナルカラー診断や骨格診断の診断結果に依存していない?囚われていない?


ブルベやイエベ、ストレートやウェーブの全てがあなたに当てはまるわけではありません。


町田にあるイメージトータルサロン、Noahの診断はパーソナルカラー診断や骨格診断の結果を基に、診断結果をパーソナライズしていく見た目と印象のプロがいるファッション・イメージトータルサロンです。


東京・町田にあるNoahのサロンで受けるパーソナルカラー・骨格診断は、診断のさらにその先までをフルコンサルティング。


診断結果を知って自己満足で終わらない、迷子にならない、フルサポートを東京・町田のNoahの診断で。


◆Noah公式HP



◆一年間、プロのトータルサポートでファッションの学びと楽しみを



◆診断結果だけじゃない。好きだけど苦手な色・形まで似合わせる診断を



◆ファッションのあれこれ!プロ目線からの日常コラム



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




bottom of page